rizin試合予定

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

メニュー 検索 language アクセス 寄付 アクセス 入試総合サイト 明治大学について 明治大学について 大学紹介 学長室 ビジョン・計画 キャンパス案内 情報公開 明治大学の取り組み 支援をお考えの皆さま 施設貸し出し 採用情報 ガイドブック・広報紙誌 教育/学部・大学院 教育/学部・大学院 学部 法学部 商学部 政治経済学部 文学部 理工学部 農学部 経営学部 情報コミュニケーション学部 国際日本学部 総合数理学部 大学院 専門職大学院 資格課程 共通科目・教育支援 留学 学年暦・シラバス・科目ナンバリング 生涯学習 図書館 情報サービス(パソコン・ネットワーク) 付属高校との連携 研究 研究 研究・知財戦略機構 研究の企画推進 産官学連携 研究機関 学内教員・研究者用サイト 社会連携・社会貢献 社会連携・社会貢献 社会連携機構 地域社会との連携(地域連携推進センター) 生涯学習の拠点(リバティアカデミー) 震災等復興活動 明治大学×SDGs(特設サイト) 国際連携・留学 国際連携・留学 海外留学を希望する方へ 明治大学に在籍する外国人留学生の方へ 明治大学への留学を希望する方へ 国際連携機構 学内教員・研究者用サイト 学生生活 学生生活 相談窓口 学費・奨学金 大学スポーツ(Meiji NOW SPORTS) サークル活動 健康管理・保険 レインボーサポートセンター M-Naviプロジェクト ボランティアセンター 学生生活サポート セミナーハウス 明大サポート(外部サイト) 就職・キャリア 就職・キャリア 就職キャリア支援センター 国家試験指導センター メディア表現ラボ インターンシップ 大学院キャリアサポートプログラム 図書館・博物館等 図書館・博物館等 図書館 博物館・資料館 研究・教育 その他の施設・機関 その他の施設・機関 その他の施設・機関 リバティアカデミー 心理臨床センター 情報基盤本部 明治大学出版会 生田安全管理センター 子どものこころクリニック 各種手続き 各種手続き 各種証明書の申請について  「学校において予防すべき感染症」に罹患した場合の取り扱い ニュース イベント Oh-o!Meijiシステム Meiji Mail 受験生の方 (学部) 受験生の方 (大学院) 生涯学習・ 社会人講座 在学生の方 卒業生の方 保護者の方 企業・ 研究者 ご支援を お考えの方 明治大学へ取材 を希望される方 English Chinese Korean Go Forward 文学部に入学したきっかけは? ホーム 教育/学部・大学院 文学部文学部をみてみよう! 文学部に入学したきっかけは? 文学部をみてみよう!TOP文学部に入学したきっかけは?履修登録から成績通知表をもらうまで授業、学生生活神田古典書店街及び図書館の利用文学部スポーツ大会について 文学部に入学したきっかけは? なぜ、明治大学文学部に入学したのか。また、入学してみてどうだったのか。  もともと本を読む事が好きだった私は文学部に進みたいと思う一方、商学にも興味があり、どちらを第一志望にするべきか最後まで悩んでいました。当時、私は雑誌の編集者になりたいという夢を持っていて、それに向けて大学の4年間で何を学ぶべきかということを考えていたのです。具体的に言えば、商学部で流通のシステムを学ぶべきか、文学部でそもそもメディアとはどう在るべきなのかについて考えるか。実学と理学という言葉がありますが、まさにそのどちらを選択するべきかで悩んでいました。 私が文学部に進むことを決意したのは、先輩の薦めからでした。文学部で学べることは仕事でどのように活かされるのだろうと不安に思っていた私に対して、「大学で何を学ぶべきかではなく、何を学びたいかに素直になるべきだ」そう言って後押しして頂いたのです。 結果的には「直感的に」文学部に飛び込んだ私ですが、今になってそれは間違いではなかったと確信しつつあります。私が以前抱いていた不安が全くの間違いだと思えるようになったからです。確かに文学部で展開される授業は実生活に直結する知識とは言えません。しかしながら、教職を志している人に「教員免許状」という立派な専門的資格が与えられることからも分かるように、文学部で学んだことは、一つの能力として仕事の現場に活かされるのです。まだ就職活動を迎えていない私ですが、先輩やOBの方の話を聞き、何より大学で学ぶ時間を重ねるごとに私自身がそう思えるようになったのです。(文芸メディア専攻2年)  オリジナルの受験勉強の方法とは。  参考になるかはわかりませんが僕が経験した受験の日々を紹介します。まず、僕が受験勉強を始めたのは高2の秋ごろでした。とは言っても部活動をやっていたのであまり勉強の時間もとれませんでした。特別、受験用の勉強というよりは普段の授業の予習復習に重点を置いて勉強していました。 高3になってからもそのスタンスを貫きました。僕は7月まで部活動があったので、人より勉強に使える時間は少なく焦ることもありました。でも、その分普段の授業のしっかりと受け、予習復習もできる限り行っていたので自信を持っていました。 部活も引退し夏休みの入ると一気に切り替えて受験中心の勉強をしました。学校や予備校の講習もうまく利用し自分の弱点を見つけそれをなくし、知識量を増やすなどの基礎的な力をつけました。ここで一つ言いたいのはいわゆる[赤本]についてです。受験勉強=赤本というのが皆さんの中にもあると思いますが、[赤本]を使いだすのはある程度基礎力がついた秋~冬のほうがいいと思います。入試問題の過去問が載っている[赤本]は様々な知識を使って解くものなので、知識が不十分のうちに思い切ってやるのは効率的にも良くないですし、何より精神的ダメージが高い気がします。ただ、今の実力を知るために少し過去問を解いてみるというのはいいと思います。 そして冬になっていくにつれて基礎力が高まってきたところで僕は過去問を多く解き始め、センター試験の勉強を始めました。こうしたやり方で僕はこの大学に入学することができました。 と以上のように書きましたが、あくまで参考としてとらえてもらったほうがいいと思います。 ところで、受験において一番重要なものは何でしょうか?僕は心と体の状態を整え るということだと思います。受験勉強は長く、辛いものです。模試の結果や勉強の手ごたえなどでつい自分を追い込んだり、寝る間を惜しんで勉強したりすることもあると思います。でもそれがさらに自分が辛くなってしまう要因になるでしょう。睡眠不足や自分自身が辛くなってしまうと何をやるのも億劫になり勉強の効率が落ち悪循環です。 僕にもそのような時期がありました。でもそれを解消できる方法を見つけました。仲間と話すということです。しかも話す内容はくだらないような些細なことでいいです。気心が知れた仲間と話すことによって心のもやもやなども晴れると思うしまた次への一歩を進むこともできると思います。 これから受験を迎える皆さん、体調管理に気をつけて精一杯頑張ってください。そして春に皆さんの姿を見ることを楽しみにしています。  文学部 教育目標及び3つのポリシー 概要 文学部とは 学部長メッセージ 文学部の歴史 設置学科・コース組織図 取得可能資格 学科・専攻 文学科 日本文学専攻 英米文学専攻 ドイツ文学専攻 フランス文学専攻 演劇学専攻 文芸メディア専攻 史学地理学科 日本史学専攻 アジア史専攻 西洋史学専攻 考古学専攻 地理学専攻 心理社会学科 臨床心理学専攻 現代社会学専攻 哲学専攻 教養科目 資格課程 カリキュラム カリキュラム 教育の特色 学習支援室 留学制度 検定試験 専任教員一覧 ゼミナール(演習) イントロダクション 卒業論文テーマ 就職キャリア支援 就職活動について 就職活動体験記【MEIJINOW】 文学部卒業生からのメッセージ 入試情報 入試情報 文学部特別入試 学費・奨学金 学費 奨学金 大学院 教員公募 ニュース・イベント一覧 ニュース一覧イベント一覧 学部在学生向け シラバス・便覧・学年暦・時間割等 履修登録(1,2年生向け) 履修登録(3,4年生向け) 関連情報 科目等履修生・聴講生証明書発行 リンク 文学部紀要 英文ウェブジャーナル 文学部Q&A 文学部をみてみよう! 明治大学文学部 読書感想文コンクール 取得可能資格教職・司書等 Oh-o!Meijiシステム Meiji Mail(Office365) 心理臨床センター心の悩みに関するご相談をお受けします 明治大学子どものこころクリニック Concept:前へお問い合わせ情報公開採用情報情報サービスプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップSNSアカウント一覧Meiji.netニュースレター &#169; Meiji University,All rights reserved.

インターネットカジノ エンポリfc vegaスロット オンカジ
Copyright ©rizin試合予定 The Paper All rights reserved.